日記過去ログトップへ
前の月へ / 次の月へ

くろいぬ日記

黒犬ニッキー、アリゾナ育ちの東京暮らし。

2001年8月の日記

■2001/08/20 (月) ニッキーの忙しい夏

 日本に帰って来てから1年が過ぎた。
 1年間、相棒の日常的な介助を毎日毎日続けてきたニッキー。
 それが最も大切な仕事だけれど、それ以外の「介助犬の普及活動」なんかには、一切無縁。日本一無名な介助犬だ。
 日本で育成団体に属していない私達には、デモンストレーションや講演の依頼がある訳でもなく、第一「育成団体のIDがなければペット」として、交通機関の利用も、事前の試験さえ受けさせてもらえなかった。

 殆どの交通機関は介助犬・聴導犬を乗せる前に「試験」を行い、合格したら条件を限定した「契約」で利用を認めている。
 残念なことに某・旧国鉄は「国内の団体の認定がなければ、試験は受けさせない。個人のペットは乗せない。何かあった時個人は責任が取れない」と、試験を認めてくれなかった。(団体に属していないと認めない訳ではないが、と付け加えられた。「では受験させてくれますか?」と聞いたら「とにかく団体に属して下さい」だそうだ)
 何のための試験なんだろう?
 個々に犬の資質や訓練の度合いを確かめる試験があるなら、日本の認定を持たないニッキーが実際に介助犬として通用するかどうか、試験をして確認して欲しい。団体の認定=介助犬、というなら、何故それぞれの団体が認定した犬を、犬について知識のない人が、踏んだり叩いたりして試験しているのか。
 アメリカで、ニッキーは私の手足、と扱われるのになれてしまっていた私は、自分の人権が侵害されていると感じた。

 最近になって、そんな私達を支援してくれる人達の力が、少しずつ状況を変えて来ている。ネットで知り合った友人達、ライターの磯野さん、訓練士のごしま先生、発足したばかりのアジアワークドッグサポート協会の人達、旧国鉄との交渉を引き受けてくれた介助犬をそだてる会の坂根さん。
 ニッキーはこの夏、初めて介助犬としてイベントに参加し、ハーネスを着けて公共の場に出ることとなった。交通機関との交渉も再開。
 とかく人間同士の足の引っ張り合いの多い世界で、立場も肩書きも違う人達が、「介助犬ニッキーを電車に乗せよう! 日本の社会で認めて貰おう!」と力を尽くしてくれたこと、本当に嬉しかった。

 そんな訳で、ばたばた動いていたこの夏の出来事、ちょっとずつ書いて行きます。お付合い下さいませ♪
(書き足した分は、タイトルに*印をつけました)


■2001/08/06 (月) * 帰国1周年・決意(?)の京都行き(1)

 ニッキーと相棒が日本に帰ってきたのは、昨年のこの日、8月6日。
 そして今年、私達は同じ日に京都に向かった。
 ぱぐぅ&のび太君夫妻の愛車(禁煙シール付きの新車)ニコ・サナ号に、アジアワークドッグサポート協会のノジゴロウさんがドライバー、中京テレビスタッフの方々、そしてニッキーと私で朝6時出発。ニッキーは朝からテンションが高く、私は低かった。

 介助犬は試験を受ければ電車に乗れる、というのが当たり前な中で、未だに大手鉄道会社の試験が受けられないニッキーを、京都の「介助犬をそだてる会」に見てもらい、可能なら某旧国鉄との交渉をお願いするための京都旅行である。
 某旧国鉄東日本は「団体に入っていないと全く駄目だと言う訳ではないが、団体に入って申請しないと、試験は受けさせられない」だし、某旧国鉄西日本は最初から「個人から申請があった介助犬は断る」だし、どうしようもない状態の中で、育成団体も殆どは「訓練方法にもポリシーがあるから、他のところで訓練した犬は認めない」とか「素人が訓練した犬はペットでしかない」という回答。
 唯一「ニッキーがどこで訓練を受けていようと、介助犬のユーザーが困っているなら、応援しましょう」と言ってくれたのが、そだてる会の坂根さんだった。
 ただし、ニッキーがちゃんと「介助犬」なのか、芸をするペットなのかを、直接確認するのが、当然の条件だった。

「素人」「ペット」「足を引っ張るな」と言われ続けた私は、正直言ってニッキーが日本で「介助犬」として通用するかどうか、全く自信がなかった。
 例えば、リードを緩めて車椅子に合わせて歩くことは出来ても、競技の脚側行進のような動きは教えていない。物を拾っても、定位置にびしっと座ってから命令で口を開けるのではなく、嬉しげにしっぽを振りながら「戦利品」を差し出す。そういうニッキーが私は大好きなのだけれど…。
 という訳で、京都でわらびもちを味わいつつ、そだてる会の服従訓練の試験項目を見た時、私の表情はかなり固くなっていたらしい。中京テレビの甘党Yディレクターに指摘された。

*(2)へ続く


■2001/08/01 (水) 画像にしてみたよ

 この日記のタイトル部分を、GIFアニメにしてみた。
 未だにアナログ回線な私は激重に感じるけれど…お暇なときに見てね♪

 掲示板とたいして変わらないデザインになってしまった気もする。。。
 でも、このページのニッキーは仮装しません(笑)


(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/