(ナビをスキップ-skip navigation)表紙日本語目次書庫>退院のご報告(04年11月)
Top Page>>Contents-English>>Archives>>Report of Nicholas' illness(Nov.04)

ニコラスの急病でご心配いただいたみなさまへ。
For whom have been anxious about Nicholas' illness
(11/7/04)

[ENGLISH]

*

ニコラスは無事に退院しました。
ご心配くださったみなさま、そして応援してくださったみなさま、
本当にありがとうございました。
日記・BBSが停止しているので、ご心配頂いた方もいらっしゃるでしょう。
ニコラスの一大事で、いっぱいいっぱいの限界でした。ご容赦ください。

10月30日、
異常を感じたニコラスが私に教えてくれたので、
胃捻転を起こしていることに早く気づくことができました。
大型犬に多い胃捻転は、早い対処が必要で、命に関わる病気です。

ニコラスは、痛みと恐怖に耐えて自分でタクシーに乗り込んでくれました。
犬を抱えたりできない私が、大きなニコラスを病院に連れて行けたのは、
ニコラス自身の頑張りのおかげです。

病院で応急処置を受け、その後別の病院に移って、
整復と再発防止の手術を受けました。
幸い、内臓の壊死などはなく、手術も成功しました。
ニコラスの命を救ってくださった獣医師のみなさまに、感謝しています。

また、お世話になっている協会のトレーナーとスタッフが駆けつけてくれ、
負担のない移動や早い手術が可能になりました。
本当にありがたい、嬉しい助けでした。

11月6日、
術後入院していたニコラスが帰宅しました。
少しずつ普段の生活に戻り、仕事に復帰することも可能とのことです。
でも、
生きていてくれること、そばにいてくれることが、何よりもしあわせです。

ニコラスを命を守るために力を尽くしてくださった方々と、
ニコラスを心配し、応援してくださった方々、私を励ましてくださった方々へ、
本当に本当にありがとうございました。

そして、
ニッキー、私のところに戻ってきてくれて、ありがとう。

私にとって君は、何よりも大切な、心から愛する、かけがえのない相棒です。
君が、私の心と身体の一部となって、私を支えてくれたように、
これから私も君を支えていきたい。
だから、君に感謝を伝えるための、たくさんの時間を私にください。
まだまだまだまだ私のそばにいてください。
もしまたどこかが痛くなったら、すぐに教えてね。我慢しちゃ駄目だよ。

ずっとずっと一緒にいられますように。
大好きだよ、ニッキー。

2004年 11月7日
世界一の相棒がいてくれて、世界一しあわせな
ニッキーの相棒
ウィンドウを閉じる
(安心してウィンドウを閉じて戻ってください)

+++

Nicholas is back home from the hospital.
I appreciate you, for caring about him and warm support.

You might find something is happened, for I had not updated diary, or BBS.
Excuse me for I had been full with caring my Nicholas.

On October 30th,
Nicholas told me that he felt bad and unusual,
I could find his bloat(GDV).
Large breed dogs often got bloat,
and it can be cause of death. ASAP treatment is needed.

Nicholas had stood it, with huge pain and fear.
He even walked himself into a cab.
Although I can't carry a dog big like him, I could take the big dog to vet,
cause the dog himself did great.

He had been rescued at the vet office,
then moved to larger vet office for surgery.
Fortunatelly, he had no necrosis, and the surgery had successfully finished.
I appreciate veterinarians saved Nicholas' life.

Also I appreciate the trainer and stuff of the service dog school,
for they hurried to help us.
With their help, Nicholas could move confortblly to another vet office
and could get early surgery.

On November 6th,
Nicholas has back home, from the vet office
where he had been cared after the surgery.
He would back his routine, and he would back his job,
But the most important thing is that,
He is alive! I 'm so happy that he is now my side again.

Again, to whom did their best to save Nicholas,
whom cared about him, supported him, and encouraged me.
I really appreciate all of you.

And...
Nicky, I really appreciate you for coming back to me.

You are so special, the dearest to me,
the only partner I love with whole my heart.
As you've been a part of myself and supported my body and heart,
I really want to be your support.
So give me more days and years to spend with you,
to give you much in return.
Please stay with me longer and longer.
If you would feel bad, or feel pain, don't be patient and tell me soon.
For I would be there to save you.

May God let us stay together for long long years.
I love you, Nicky!

Nov. 7, 2004
Nicky's Partner--a specially, and most blessed dog owner
close this window
(Now feel relieved and go back by closing this window)

(C)Yuki+Nicholas http://blackdog.whitesnow.jp/servicedog_nicky/