アクセス解析

ナビをスキップ表紙日本語目次>バリアフリーサイトを夢見て?

ここから本文

バリアフリーサイトを夢見て…?
A Barrier-Free/Accessable Web Site

Last Update:3/13/05

*

新サイトを作る際、私にはささやかな野望がありました。
みんなに見て貰えるサイト、です。
なにも世の中にどうしても発信したいことがあるわけじゃなく、
「みんな」というのは、私の友達みんな、です。
日本とアメリカの友達。日本語の解らない人達、音声ソフトや携帯電話で見ている人達、表示色やフォントサイズを変えて見ている人達。

ニッキーは1年4ヶ月の訓練をアメリカで受けています。その頃の友達にニッキーの近況を見て欲しい。

目や耳が不自由な友達にも、違和感なくウェブサイトを訪れてもらいたい。

弱視のために黒バックに拡大した白文字で画面を見る私自身にも、綺麗に見えたほうがいい。
と言うより、正直、他のサイトを見ていて、自分が読めなかったり、見えづらかったりするのが悔しかったので…というのがいちばんの動機。

そこで、考えたのは次のようなことです
1 一部でもいいから英訳する
(全部の英訳は、私の文章の特徴からしてちょっと無理かな)

2 BGMは使わない
(音声ブラウザで読み上げる時、BGMが邪魔にならないように。BGMが聴こえる人と聴こえない人が同じように楽しめるように)

3 画像にはALTで説明文を入れる
(箇条書きのアイコンには数字、写真には説明を入れる。内容と関係しないイラストなどは、記号を入れることで音声で読み上げられないようにする)

4 リンク付きテキストとリンクアイコンは、マウス操作に不自由がある人にも使いやすいよう大きめにする

5 Windowsのユーザー補助機能でフォントサイズや背景色を変更した場合の見え方を確認する
(自分のパソコンの表示でしか確認できませんが…)

6 端末でフォントサイズが変更できるように、文字のサイズや位置の指定は相対値で行う

7 ポインタの形やスクロールバーの色は変化させない
(使いやすいように端末で設定している人もいるので)

8 本文のテキスト色は原則として黒、白か淡色の背景で、色覚の障害のある人にも読みやすい設定にする
(内容と関係ないデザインでは特に色の設定は変えません。

9 各ページにナビゲーションと、音声でナビゲーションをスキップできる透過画像をつける

10 テキストのみのページをつくる
(03年11月、テキストページを閉鎖しました。サーバ容量の都合と、画像ページでどこまで出来るかのこだわりのためです)

11 音声ブラウザや携帯電話を使う人、違うOSやブラウザを使う人、英語を話す人から、気づいた点はその都度メールで教えてもらう

12 その他:
各ページのデザインが統一されていないのは、使い勝手が悪くなりますが、個人ページだし、そのぐらいは楽しみたい、という個人的な選択です。

多くのページで表組みを使ったデザインを行っていますが、今後スタイルシートによるデザインに切り替える予定です。


そんな訳で、表示や音声ブラウザでの聞こえ方について、英語の表現について、メールで教えて下されば嬉しいです。
パソコンやウェブサイト作成については全くの素人なので、すぐに改善すべき部分については改善方法も教えて下さると助かります。

メールは、下のアイコンから送信できます。
尚、なるべくテキスト形式のメールをお願いします。


メール送信


ウィンドウを閉じる

(C)Yuki+Nicholas http://blackdog.whitesnow.jp/servicedog_nicky/