アクセス解析

ナビをスキップ表紙>日本語目次ここから本文

ふたりあるき
介助犬ニコラスと一緒に

[サイトマップ] [メール]


++ もくじ ++

更新記録と呟き

ニコラスと相棒のこと

おしごとアルバム

いろいろ写真館

くろいぬ日記(随時更新)

リンクとリング

掲示板画像掲示板

 相棒の書庫

 English/英語ページ

 表紙へもどる

「ごあいさつ」を飛ばして「おまけページの目次」へ移動する猫のいるページ一覧目次終わり「ご挨拶」へ移動このあと「ごあいさつ」と「おまけページの目次」があります。


ごあいさつ―介助犬ニコラスとその相棒のサイトへようこそ。

ニコラスは、私の介助犬。
斜面やでこぼこ道で車椅子を動かすのを助け、転んだ時に立ち上がる支えになり、
足元がよく見えない私のために、段差と障害物を教えてくれたりもします。
杖や携帯電話を持ってきたり、落としたものを拾ったり、ドアを開けたり、灯りを点けたり…
約80の指示を理解して、私の手足と目になってくれる大切な相棒です。

愛犬ニコラスを介助犬として訓練したのは、誰の手も借りずに、ひとりあるきしたかったから。
でも、ひとりあるきは実現しませんでした。
得たものは、豊かな感情を持ち、自己主張もする相棒との、ふたりあるきです。

ふたつの車輪と4本の足、ハーネスに結ばれたふたりあるき。
出来ないことがあるから、支えあう楽しさがあり、
支えあう相棒がいるから、もっともっと歩きたくなるのです。

ニコラスの相棒こと管理人
[写真]サイト開設当時のふたり。交差点を渡る後姿。
I can do what you can't do, and you can do what I can't do.
Together we can do great things. -Mother Teresa


++ おまけ? ++

介助犬について

バリアフリーサイトを夢見て?

@ケイタイ

「犬の十戒」

「病者の祈り」

「介助犬がくれたもの」

「黒犬ニッキーのArizona留学日記」
ニコラスと相棒の、もうひとつのサイト。

↑ニコラスをほめてあげてね。
以下、フラッシュを使った猫と犬の画像です。マウスを乗せたりクリックしたりすると、動いたり、声を出したりします。

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱の中のクッキーをあげると喜びます。
右下の灰色のタブをクリックすると、青いボールがあります。
ボールで遊んであげてね。

*******

卒業した母校と、所属団体
アメリカの介助犬育成施設Top Dog 日本の介助犬育成施設アジアワーキングドッグサポート協会 補助犬使用者の国際団体IAADP



前のページへ ホームへ 次のページへ

AWDSA
介助犬チャリティグッズ

このサイト内の全ての文章は、執筆者に著作権があります。
サイト内の画像(アイコン・背景を含む)は、サイト製作者が作成したものと、撮影/作成者の厚意で提供されたものです。
文章・画像(リンクバナーの使用を除く)とも無断転載・使用は固くお断りいたします。
一部の画像は「黒犬ニッキーのARIZONA留学日記」(http://blackdog.whitesnow.jp/arizona/)内で配布しています。


(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/servicedog_nicky/