アクセス解析

(ナビをスキップ)表紙日本語目次いろいろ写真館>写真館20(ここから本文)

復活したよ
He's Back!

[写真]寝ているニッキーと、外したエリザベスカラー
Nov. 2004

大変な病気をしました。
死んでしまうかもしれなかったのです。
生きて帰って来てくれて、ありがとう、ありがとう、ありがとう!

写真としてはつまらないけど、病気からの生還という偉業の記念に。
そして、私がこの時の教訓を忘れないために。

*******

事情はこんな感じです。
退院の時に書いた報告文

「くろいぬ日記」過去ログ(2004年10月30日)

手術が成功し、面会に行ったとき。
とにかく生きていてくれたことが嬉しくて、携帯で入院中のニッキーを撮影しました。

[写真]青いエリザベスカラーを着けたケージの中のニッキー、疲れた顔のアップ

でも、術後数日間は油断が出来ません。だからこんなことを話しかけました。
頑張れ、ニッキー。
介助犬として働けなくなってもいい、でも、生きていてくれなくちゃ駄目。
君はそこにいるだけで愛されている犬、必要とされている犬。
生きるために、自分のために頑張って!

*******

手術から1週間後、ニッキーが退院!
生き抜いてくれました。

[写真]ニッキーのお腹。縦に大きな手術痕があり、縫ってある黒い糸が見える
肋骨の下から膀胱のところまで、大きな手術痕。
(抜糸の前、だいぶ毛が生えてきた時に撮影しました)
生き抜いたニッキーの
勲章です。

戻ってきて早速お気に入りの場所に寝ているニッキー。
エリザベスカラーを外し、傷口を舐めないように側で看ていました。

[写真]リラックスしてベッドに寝ているニッキー

ニッキーがゆったり寝られるように、人間のベッドの上にニッキー用のカバーをかけました。
傷を保護し、お腹を冷やさないように、服を着せています。
犬友達がラブラドールサイズの洋服を貸してくれました。ありがとう。

*******

手術から1ヵ月後。すっかり元気になったニッキーは、
応援してくれたレトリーバーパラダイスの人たちにお礼と報告を兼ねて、オフ会に参加。
[写真]みんなの記念撮影
ニッキーは黄色い服を着て車椅子の私の側に座っています。

[写真]お互いの匂いを確認するニッキーと黄ラブ
友達に挨拶。
[写真]芝生でダミーを追うラブラドール達
活発なフィールド系ラブ軍団に混じって
元気に遊ぶニッキー。
完全復活!

*******

[写真]イエローラブのチップちゃん
チップちゃん。
この子も手術をし、回復しました。
すばらしい食欲は健在!
現在10歳。長生きしてね。
[写真]おすわりしてカメラを凝視するニッキー
ニッキーも負けていません。
この真剣なまなざしで見つめているのは、
最近気に入っているりんご。
この食欲と元気がいつまでも続きますように。

ある記念写真。
黄ラブ:タバサちゃん、ゴールデン:来夢くん、黒ラブ:ニッキー。
[写真]見事にばらばらな方向を見ている3頭
カメラを見てくれー!
[写真]あくびをしたり、ボールをくわえたり、それぞれ自分の世界に入る3頭。
おいっ!!!

[写真]左からニッキー、タバサ、ライム、みんなよい顔
やっと全員の笑顔が撮れました。

タバサちゃんのHP

ライム君のHP

*******

元気に駆け回り、満足そうなニッキーの姿が、本当に嬉しかった!
仕事なんていい加減でいいから、長生きして、一緒に楽しくやろうね、ニッキー。

一部の写真は、サマンサ、まめちゃん、Gloriaにお借りしました。ありがとう!

*******

前のページへ ホームへ 次のページへ

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/servicedog_nicky/