アクセス解析

ナビをスキップ表紙日本語目次おしごとアルバム>アルバム3

ここから本文

介助犬ニコラスのおしごとアルバム・3

Last Update: 5/14/06

*

移動手段が手動車椅子しかない私にとって、いちばん助かるのは、
ちょっとした斜面や段差で移動を補助してくれること。
車椅子の幅と高さを身体で覚えているので、障害物も上手に避けます。
そして、万一の転倒の時に助けてくれること。本当にありがとう!
ニコちゃんに負担をかけないよう、ダイエットに励みます…

[写真]赤と黒のハーネスを着けておすわり
ハーネスを着けてポーズ

* このハーネスが必需品 *

介助犬の身体に負担をかけないように開発されたアメリカ製のハーネス。
サイズ合わせと着け方がちょっと難しいけど、市販のハーネスを改良して使っていた時に比べて、ニコラスの動きも安定します。洗濯機で洗えるのも嬉しい。
必要な時は写真の2種類のハンドルを併用して、車椅子を引いてもらったり、つかまらせてもらったりします。長さが無段階で調節でき、手首に固定出来るリードもセット。
背中の真ん中についている小さなポーチは取り外し可能で、中身はうん●袋と、IDカード、交通機関の同伴許可証、万一のトラブルに備えて加入している保険の証券、念のためにワクチンの証明書。2004年からは、新しく法律で定められた認定証と「身体障害者補助犬手帳」も入っています。


* 車椅子を引いて *

右上:片手が使えないときに
膝の荷物を押さえて片手がふさがるので、店内の移動を助けてもらいました。
フードコートやファーストフード店でも、片手にトレイを持ったまま、席まで連れていってもらうことが出来ます。
ただし、引かせっぱなしは厳禁。あくまでも自力で車椅子を動かせる人のための補助で、電動車椅子の代わりにはなりません。
(留学中にグローサリーで撮影)

右下:長い廊下の移動
大きな病院で、あっちで受付こっちで検査と動き回るのが大変だったので、一部手伝ってもらいました。この写真のニコラスはカメラ目線になっていてちょっと問題ありですが…
平らな床なら比較的負担がありませんが、犬が足を滑らせたりしないように配慮します。
(都内の病院で撮影)

[写真]店の通路でハーネスを使って車椅子を引っ張る
レジまで連れて行ってね

[写真]車椅子を引きながらカメラ目線の嬉しそうなニコラス
引っ張るのは大好き! だけどあまりさせてもらえない

[写真]斜面で車椅子を引き上げる
看板も避けながら引っ張ってくれる

* 坂道や段差も *

左:上り坂で、看板を避ける
ちょっとしたでこぼこ道でも助かります。歩道が片側に傾いた場所や道の端の斜めになったところでも、まっすぐに進めます。
視力の弱い私は、足元に段差があったり障害物があったりしても気づかないことがあるので電動車椅子が使えませんが、ニコラスは止まるか避けるかしてくれるので、安心して手伝ってもらえます。
ニコラスの加齢を考えて、10歳からは上り坂でこの方法での介助はさせていません。代わりに下記の、紐をくわえて補助する方法を主に使います。
(留学中にショッピングモールで撮影)

でこぼこや溝などに引っかかったら、車椅子に取り付けたロープを引っ張って助けてくれます。短距離なら坂道でも応用できます。

右:ロープを引いて車椅子を動かす
車椅子に乗っている本人が撮影したので分かりづらいけど、足元につけられたロープをくわえて正面から引っ張っています。この方法なら私も両手で後輪を押せるので、ニコラスの力はずっと少なくて済みます。
(都内のビル内で撮影)

下:段差を乗り越える補助
私が車椅子の前輪を段差に乗せてから、後輪を押し上げる力が足りない時に、ニッキーが車椅子につけた紐を引っ張ってくれます。
写真は2003年に撮影したものですが、2005年に車椅子を変え、軽くなった分転びやすくなったので、後ろに倒れないための補助としてもとても助かります。
(自宅周辺で撮影)

[写真]車椅子につけたロープをくわえて引っ張る
撮影のために平らな床で引っ張ってもらいました

[写真]段差で車椅子につけたロープをくわえる
力を入れて引き上げる

[写真]ニッキーの補助で歩道の段差を乗り越える
ふたりのタイミングを合わせて


* 助けて! *

下:立ち上がりを支える
床に座っているときや転んだ時には、立ち上がるのを支えてくれます。体重をかけることはしませんが、バランスを取るためにつかまることで、安全に立ったり、椅子に戻ったりできます。
帰国してから、畳の生活で必要になることが多いので教えました。犬が勝手に動いたりすれば倒れてしまうので、お互いに信頼しないと絶対に出来ません。
(実家で撮影)

右:電話を取りに行く
どうしても立てないときや助けが必要なときは、電話を持ってきてもらいます。近所の知り合いの電話番号をいくつも登録してあるので、助けを呼べます。
室内用のT字杖を持ってきてもらうこともよくあります。
(留学中に住んでいたアパートで撮影)

[写真]コードレス電話をくわえようとしている
電話は命綱

[写真]ニコラスの肩に手を乗せて床から立ち上がる相棒
犬の肩につかまって

下:空の車椅子を持ってくる
転んだ時などに車椅子が遠くへ動いてしまったら、段差やでこぼこで手伝う時と同じように、車椅子につけた紐をくわえて引いて来てくれます。旅行先や病院でも、車椅子を持ってきてもらうことがよくあります。
写真は2006年現在使っている車椅子で、フレームに紐代わりのバンダナを結んであります。
(都内の病院で撮影)

[写真]離れた車椅子を取りに行く
離れた場所から手元まで持ってくる
[写真]車椅子につけたバンダナを引いて運ぶ
フレームに結んだバンダナをくわえて

その他に…

*立って段差を昇り降りするとき補助する*
*
犬のうん●を拾う間背中につかまらせる*

*実家で母を呼びに行く*
なども、写真を撮ったら追加します。
いつになるかは未定…


前のページへ ホームへ 次のページへ

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/servicedog_nicky/